【GoogleAdWords】hagakureを使って効果の高い広告運用をしよう!

GoogleAdWordsを運用して集客をしようとしている会社や個人は多いと思います。
そこで、今回はより効果的にGoogleAdWordsを運用するためのテクニックとしてhagakureを紹介していきます。
昔からAdWordsを触っている人ほど意外と知らないテクニックですので、初心者、上級者にかかわらず参考にして頂けましたら幸いです。

hagakureとは?

hagakureとはGoogleが推奨しているアカウントの構築手法の事をいいます。
昔のAdWordsはキーワードごとに広告グループを細かく分けて運用する事で、キーワードごとに細かく配信設定をする事が効果の高い構築手法だと考えられていました。

しかし、最近は考え方が変わりシンプルな構成が効果的な手法であると考えられています。

それはAdWordsの学習機能が優秀になり、効果的な広告運営が出来るようになった為です。
昔の様な複雑な構成だとAdWordsの学習機能がうまく機能せず、本来のポテンシャルを引き出し切れません。

そこで、hagakureのようなシンプルな構成が推奨されているのです。

hagakureの構成

それでは、hagakureとはどの様な構成の事を言うのでしょうか?

従来のアカウント構築方法

今までのやり方では完全一致のキーワードには「完全一致のキーワードだけ」、部分一致のキーワードには「部分一致のキーワードだけ」を登録していました。
実際にその方がキーワードを細かく調整する事ができ高いパフォーマンスを出すことができていました。

hagakureのアカウント構築方法

hagakureでは「完全一致、フレーズ一致、部分一致」といったキーワードのマッチタイプ別に広告グループを分ける必要はありません。
リンク先(ページが)が一つだけであれば一つの広告グループで運営する事を推奨しています。
その為、一つの広告グループ内には完全一致のキーワードも入っていれば、部分一致のキーワードも混ざって入っている状態になっています。

このように従来のAdWordsの構築手法とは異なった方法がhagakureです。

まとめ

今回はGoogleAdWordsの新しい構築方法としてhagakureを紹介してきました。

hagakureはネットの評判や周りの意見を聞く限り賛否両論ありますが、私個人としては運営しやすい構成だと感じています。
従来の様な細かなキーワード設定だと、どうしても構成が複雑化しやすく管理が難しくなりがちでした。

しかし、hagakureではその煩わしさがなくなり、純粋にキーワードの効果を確かめながら運用していく事ができます。

ABOUTこの記事をかいた人

ウェブマーケティング・SEOコンサルタント 100以上のメディア運営に関わり、担当メディアの売上を半年で5倍に経験を持つ。バナー・LPの作成から、広告の運用、コンテンツの改善等、ウェブメディアの運営に欠かせない業務を全て経験。現場で喜ばれるだけの改善でなく、結果につながるマーケティングを実現します。