WordPressのバックアップならBackWPupがおすすめ

面倒だと思ってもWordPressのバックアップを取っておかないと万が一のときに大変です。
そんな時は「BackWPup」がおすすめです。

それではBackWPupについて紹介していきますので参考にしてください。

BackWPupで簡単にバックアップが取れる

BackWPupは適切な設定をすると一定間隔で自動的にバックアップを取ってくれる便利なプラグインです。
バックアップの範囲やスケジュールも管理できますので適切に設定をすれば手間もかからず勝手にバックアップを取り続けてくれます。

それではBackWPupの使い方の説明をしていきます。

BackWPupの使い方

BackWPupは便利なツールですが、ちゃんと設定しないと機能しません。
そこで、今回はおすすめのツール設定を紹介していきますので参考にしてください。

BackWPupのインストール

まずはBackWPupのプラグインをインストールしましょう。

WordPressの管理画面で「プラグイン > 新規追加」をクリックします。
そうすると下のような画面になりますので検索窓に「BackWPup」と入力します。

BackWPupが検索結果に表示されますので「今すぐインストール」を押してインストールしてください。

プラグインはインストールするだけでは使えません。
有効化をして始めて使えますので、有効化も忘れずにしておきましょう。

BackWPupの設定

BackWPupのインストール&有効化が済んだら次は設定です。
設定はWordPressの管理画面に追加されたBackWPupから行います。

新規ジョブを追加

まずは新規ジョブを追加していきましょう。

①このジョブの名前では任意の名前を入れましょう。
私はわかりやすく「backup」という名前にしました。

②このジョブは …ではファイルのバックアップにチェックを入れてください。

③バックアップファイルの保存方法はフォルダーへバックアップにチェックを入れてください。

スケジュールの設定

一般の設定が終わったら続いてスケジュールの設定です。

①スケジュールタブをクリックしましょう。

②「WordPress の cron」をクリック

③スケジューラーは私は③毎月、日付:、3を選択しています。
更新頻度の多いブログなどであれば毎週などでも良いでしょう。

宛先:フォルダ

①バックアップを格納するフォルダーではバックアップのデータを保存する場所の設定です。
デフォルトのままでも良いのですが、私は保存するファイル名を「backup」に変えました。

②ファイルを削除で決めた数までバックアップを残してき、それを超えるバックアップ数になった場合は古いバックアップから削除していく設定です。
私は6世代(6ヶ月分)までバックアップを取る設定にしています。

まとめ

BackWPUpを決められた期間毎に自動的にバックアップを取ってくれますので非常に便利です。
もし、まだバックアップを取っていないのであれば設定する事をおすすめします。

普段はあまり意識する事はありませんが、もしもの時にバックアップがあるかないかで大きな差が生まれます。
もしもの時のためにBackWPUpを設定しておきましょう。

BackWPUpを設定するにあたって参考にした記事

BackWPUpで確実にWordPressのバックアップを取る方法

ABOUTこの記事をかいた人

ウェブマーケティング・SEOコンサルタント 100以上のメディア運営に関わり、担当メディアの売上を半年で5倍に経験を持つ。バナー・LPの作成から、広告の運用、コンテンツの改善等、ウェブメディアの運営に欠かせない業務を全て経験。現場で喜ばれるだけの改善でなく、結果につながるマーケティングを実現します。 より詳しく知りたい場合はこちら→ポートフォリオサイト