Facebook広告で必須!カスタムオーディエンスの使い方

Facebook広告を活用する上で必要なのがカスタムオーディエンスの設定です。
カスタムオーディエンスは設定次第で様々なユーザーをターゲットにすることが出来るので非常に便利な配信方法です。

今回はカスタムオーディエンスとはどういった物なのか、どういったメリットがあるのか、どのような手順で設定すればよいのかと言ったことを中心に紹介していきます。

カスタムオーディエンスとは?

カスタムオーディエンスとは「カスタマーファイル、ウェブサイトトラフィック、アプリアクティビティ、オフラインアクティビティ、エンゲージメント」といった方法でユーザーのデータを集め、そのユーザーに対して広告を配信する事が出来るオーディエンスです。

私がよく使うのはウェブサイトトラフィックです。
Facebookピクセルを設定したページにアクセスが会った場合、そのユーザーリストを蓄積しターゲットとして配信することができます。

カスタムオーディエンスを使うメリット

カスタムオーディエンスを使うことで、特定の条件を満たしたユーザーをターゲティングして広告を配信することができます。
例えば、ホームページのTOPにアクセスしたユーザーに対してリターゲティングの様な形で広告を配信することで、新規登録や購入を促すことができます。

TOPページだけでなくFacebookのピクセルタグを仕込める場所であれば良いので、特定のページにアクセスしたユーザーに対してのみ広告を配信したい場合などにも便利です。
また、カスタムオーディエンスをベースにした類似オーディエンスといった配信方法もありますので詳しく知りたい場合は類似オーディエンスで成果につながるFacebook広告を設定しよう!をご覧ください。

カスタムオーディエンスの設定方法

それではカスタムオーディエンスの設定方法について紹介していきます。
今回は私がよく利用している「ウェブサイトトラフィック」での設定方法について紹介していきます。

①Facebookピクセルを入れる

それではまず、カスタムオーディエンスに使うユーザーのリストを入手するためにFacebookピクセルを設定します。
Facebookピクセルの設定方法については別記事で紹介していきますのでそちらを参考にしてください。

②オーディエンスを作成

Facebookピクセルの設定が終わったら、続いてはオーディエンスの作成です。
まずはオーディエンスの管理画面へ行きましょう。

そして、管理画面の左上にあるボタン「オーディエンスを作成」をクリックします。
つづいて「カスタムオーディエンス」をクリックします。

③カスタムオーディエンスを作成

カスタムオーディエンスをクリックすると下記のウィンドウがポップアップしますのでウェブサイトトラフィックをクリックします。

④カスタムオーディエンスの名前設定

ウェブサイトトラフィックを選択するとカスタムオーディエンスの名前を設定します。

デフォルトだと、Facebookピクセルが入っている全てのページが対象になっています。
特定のページにアクセスしたユーザーのみをターゲットにしたい場合は「ウェブサイトにアクセスした全てのユーザー」のプルダウンを「特定のウェブページにアクセスした人」に変え対象となるページのURLを入力することでできます。

以上でカスタムオーディエンスの設定の完了です。
広告のターゲット設定で今回作ったカスタムオーディエンスが機能していれば問題なく動くはずです。

まとめ

カスタムオーディエンスを利用する事でホームページにアクセスした人や特定のページにアクセスした人などにFacebook広告を配信する事ができます。
今回紹介したのはウェブサイトトラフィックのみですが、カスタマーファイルを利用する事でメーリングリストからオーディエンスを作れたりもします。
カスタムオーディエンスは非常に応用の効く設定ですので使いこなして効果的にFacebook広告を運用していきましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

ウェブマーケティング・SEOコンサルタント 100以上のメディア運営に関わり、担当メディアの売上を半年で5倍に経験を持つ。バナー・LPの作成から、広告の運用、コンテンツの改善等、ウェブメディアの運営に欠かせない業務を全て経験。現場で喜ばれるだけの改善でなく、結果につながるマーケティングを実現します。