サーチコンソール(search console)の登録方法

メディア運営をする上で欠かせないのがサーチコンソール(search console)です。
サーチコンソールはGoogleが提供しているツールで、運営メディアの状況を通知してくれたり、サイトマップを登録することで公開した記事のindexを早めることができます。

まだサーチコンソールを使った事がない人は無料で使えるツールですので、一度試してみる事をおすすめします

それでは、サーチコンソールとはどのようなツールなのでしょうか?

サーチコンソール(search console)とは

サーチコンソール(search console)とはGoogleが提供するツールです。
サイトのパフォーマンスや取得キーワード、平均順位などを確認する事ができます。

サーチコンソールに運営サイトを登録する事で自動的に情報を収集してくれます。
ペナルティを受けた際にも通知をしてくれるので、突然順位が落ちてしまった場合はサーチコンソールを確認して原因を追求する事もできます。

それではサーチコンソールの登録方法を紹介していきますので参考にしてください。

サーチコンソールの登録方法

それではサーチコンソールの登録方法について説明してきます。
サーチコンソールの登録方法はいくつかありますが、Googleアナリティクスアカウントを使った登録方法が簡単です。
今回はGoogleアナリティクスアカウントを持っている事を前提に説明をすすめていきます。

①サーチコンソールにログインする

まずはサーチコンソールの公式ページにアクセスしましょう。
アクセスしたらGoogleアカウントでログインしましょう。(お手元のGoogleアナリティクスと同一のGoogleアカウントでログインしてください。)
Search Console

②プロパティの追加

あなたの運営しているウェブサイトのURLを入力してプロパティの追加を行います。

③Google アナリティクスで登録

デフォルトの画面ではおすすめの方法として「HTML ファイルをアップロード」という方法が推奨されています。
この方法でもプロパティの登録はできますが、FTPを使ってファイルをアップロードする必要があります。

しかし、Googleアナリティクスで登録をすればもっと簡単に登録ができますのでおすすめです。

まずは、「おすすめの方法」の横にある「別の方法」をクリックしてください。

するといろいろな方法が提案されます。
その中から上から3番目にある「Googleアナリティクス」を選択してください。

④登録完了


プロパティに登録したサイトのGoogleアナリティクスが正しく機能していれば無事登録が完了です。
また、サーチコンソールにログインしたGoogleアカウントとGoogleアナリティクスのアカウントが紐付いていなければエラーになりますので注意しましょう。

もし、エラーが出てしまった場合は「HTML ファイルをアップロード」などの別の方法を試しましょう。

まとめ

今回はサーチコンソールの登録方法を紹介しました。

サーチコンソールには「記事のindexをリクエストする機能」があったり、「ペナルティを受けた際の通知機能」などもあります。
Googleが提供している無料ツールですので、サイトマップを登録してたまにサーチコンソールを確認する程度でも良いので、登録していない人は是非登録しておきましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

ウェブマーケティング・SEOコンサルタント 100以上のメディア運営に関わり、担当メディアの売上を半年で5倍に経験を持つ。バナー・LPの作成から、広告の運用、コンテンツの改善等、ウェブメディアの運営に欠かせない業務を全て経験。現場で喜ばれるだけの改善でなく、結果につながるマーケティングを実現します。 より詳しく知りたい場合はこちら→ポートフォリオサイト