初心者が知っておきたいSEO対策の基本

検索結果で少しでも上位表示する為のテクニックをSEO対策といいますが、みなさんSEO対策の基本を知っていますか?
SEO対策は高度な知識や経験が必要で競合の多いキーワードで上位表示するにはかなりの知識と経験が必要になります。

しかし、競合の少ないキーワードであればSEO対策の基礎を知っているだけで上位表示することが出来る場合もあります。
基本を知っているか、知らないかで雲泥の差が出ることもありますので、運営しているサイトのアクセスが全然ないという人は一度SEOの基本を見直してみてはどうでしょうか?

SEO対策とは?

それではまずSEO対策とはどのような事を言うのでしょうか?

SEO対策とは「Search Engine Optimization」の略で要約すると検索エンジン最適化の事です。
検索エンジン最適化とは、ブログやホームページがGoogleやYahooなどの検索エンジンで適切なキーワードを検索したら上位に表示できるように工夫することを言います。
検索結果の上位に表示出来ることで、ブログやホームページにはアクセスが集まり、沢山の人にあなたの公開した情報を見てもらう機会が生まれます。

なぜSEO対策が必要なのか?

なぜSEO対策が必要なのかと言うと、検索結果の上位に表示させる事でさまざまなメリットがある為です。
運営するサイトの目的にもよりますが、
例えば商品を売ることが目的のサイトであれば、沢山のアクセスを集めることでより多くの商品を売る機会が得られます。
個人で運営しているブログであってもアクセスを集めることで、あなたに関心をいだいてくれる人がいるかも知れません。

基本的なSEO対策

それでは基本的なSEO対策について紹介してきます。
今回紹介するのは一般的に言われている基本中の基本とも言えるSEO対策ですので知らない人は是非覚えておきましょう。

①1つの記事には1つのテーマ

1つの記事には1つのテーマについて書いてください。
そのテーマを深掘りしていく為に複数の見出しがあるというイメージです。

Googleの評価基準に「専門性の高さ」が重要な指標の1つとして扱われています。
ですから、記事を書く時は1つのテーマに対してさまざまな視点から深掘りしていくのは良いですが、全く別のテーマの内容は盛り込まないようにしましょう。

また、1記事1テーマであるほうがGoogleだけでなく人間の目で見ても理解しやすいのは言うまでもありません。

②見出しタグは重要な要素

コンテンツはもちろん大切ですが、コンテンツを見やすくする上で「見出し」などのHTMLタグも重要になってきます。
特に大切なのは「h1、h2、h3」などの見出しとして使われるタグです。

Googleのアルゴリズムは非常に賢く私達の書いた記事を理解しようとしていますが、それでも全文を完璧に理解することができません。
ですから、「h1、h2、h3」などの見出しとして使われるキーワードを評価する事で文章全体のあらましを理解しようとしています。

③被リンクを集める

SEOを語る上で避けては通れないのが被リンクです。
被リンクとは他のサイトからリンクを貰うという事です。

しかし、被リンクを増やす目的で作られたページからのリンクや、関連性の無いページからの被リンクは逆効果になりますので避けましょう。
被リンクは数も大切ですが、それ以上に質や関連性が重要です。
むやみに増やしてもペナルティのリスクが増大するだけですので辞めておきましょう。

まとめ

今回は本当にSEOの基礎に付いて紹介してきました。
最後に紹介した被リンクを集めるについては具体的に自分たちで出来ることはありませんが、それ以外の「1記事1テーマ」や「見出しタグの重要性」については少し意識するだけで変えることができます。

特にブログを始めたばかりの人は見出しを付けずにダラダラ書いてしまっている人も居るかも知れません。
そんな時は見出しにh2やh3を使うだけでSEO対策にもなりますし、人の目から見てもグッと見やすい文章になると思います。
見出しタグ(h1、h2、h3)の付け方がわからない人は一緒にHTMLも覚える必要がありますが、それほど難しくありませんのでこの機会に是非覚えてしましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

ウェブマーケティング・SEOコンサルタント 100以上のメディア運営に関わり、担当メディアの売上を半年で5倍に経験を持つ。バナー・LPの作成から、広告の運用、コンテンツの改善等、ウェブメディアの運営に欠かせない業務を全て経験。現場で喜ばれるだけの改善でなく、結果につながるマーケティングを実現します。