WordPressのプラグイン「AMP」でGoogleAnalyticsを設定する方法

WordPressをAMP化するには「AMP」というプラグインを使って実装するのがもっともお手軽です。

しかし、AMP化するとそのままではGoogleアナリティクスが動かなくなってしまいますので、設定が必要です。

設定方法を紹介を紹介していきますので参考にしてください。

AMPとGoogleアナリティクスの設定

まずはWordPressに「AMP」プラグインのインストールとGoogleアナリティクスの設定をしましょう。

もし、すでに完了していたらここは読み飛ばしてもらっても問題ありません。
「AMPプラグインにGoogleアナリティクスを設定する方法」から具体的な設定方法を記載していますのでそこから読んでください。

WordPressに「AMP」プラグインをインストールする

AMPプラグインのインストール方法はこちらの記事で紹介していますので、インストールしていない場合はこちらの記事を確認してください。

WordPressをAMP化するおすすめプラグイン

Googleアナリティクスの設定

続いてGoogleアナリティクスを導入していきましょう。
Googleアナリティクスの導入方法は下記の記事に紹介していますので、まだの場合は確認してください。

GoogleAnalytics初心者の為の導入手順

AMPプラグインにGoogleアナリティクスを設定する方法

それでは「AMP」のプラグインをインストールした後のGoogleアナリティクス設定方法を紹介していきます。

まずあAMPプラグインの管理画面にまでいきましょう。

AMPプラグインの設定画面

AMPプラグインのGoogleアナリティクス設定画面は
「WordPress管理画面 > ダッシュボード > AMP > Analytics」
で行くことができます。

この画面に遷移したあとは必要項目を入力してください。

入力項目①「Type」の入力

入力項目②「JSON Configuration」の入力

上記のコードを入力してください。

UA-XXXXX-Yには自分のGoogleアナリティクスのトラッキングIDを入力してください。

以上の手順でAMPプラグインにGoogleアナリティクスを設定することができます。
設定後はGoogleアナリティクスの「リアルタイム」を見るなどして実際に動作しているか確認すると良いでしょう。

まとめ

AMP化する事でページの表示速度改善等のメリットがあります。
しかし、一部のタグが使用できなくなる等のデメリットもありますので注意が必要です。

その為、GoogleアナリティクスのタグもAMP専用のタグに差し替える必要があります。
AMP化した後は忘れずに設定しておきましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

ウェブマーケティング・SEOコンサルタント 100以上のメディア運営に関わり、担当メディアの売上を半年で5倍に経験を持つ。バナー・LPの作成から、広告の運用、コンテンツの改善等、ウェブメディアの運営に欠かせない業務を全て経験。現場で喜ばれるだけの改善でなく、結果につながるマーケティングを実現します。