AMPの警告「推奨サイズより大きい画像を指定してください」を修正する方法

ある日Searach Consoleに「推奨サイズより大きい画像を指定してください」という警告が届いて困っているという事はありませんか?

突然の警告驚きますよね。
今回はその対処法について紹介していきますので参考にしてください。

推奨サイズより大きい画像を指定してください

それでは「推奨サイズより大きい画像を指定してください」とはどんな警告なのでしょうか?
まずは確認方法を見ていきましょう。

AMPのエラー確認方法

「Searach Console > AMP」でAMPの状態を確認することができます。
エラーや警告があれば修正しましょう。

下にスクロールするとエラーの一覧が出てきます。
今回は「推奨サイズより大きい画像を指定してください」という警告を修正します。

「推奨サイズより大きい画像を指定してください」の対処方法

それでは「推奨サイズより大きい画像を指定してください」と警告が出た時の対処方法について紹介していきます。

対処方法①AMPの停止

最も簡単な対処方法はAMP自体を停止することです。
「推奨サイズより大きい画像を指定してください」はAMP化したことによって発生する警告ですので、AMP化をやめれば当然収まります。

時間がなくて対処できない、AMP化のメリットをいまいち感じられないといった時にはこの方法が有効です。

対処方法②1200px以上の画像に差し替え

続いての修正方法は警告に従い大きな画像を準備する方法です。

Google検索の「構造化データタイプの定義」の項目で

画像の幅は 1200 ピクセル以上にする必要があります。
Google検索 構造化データタイプの定義

と定めています。

ですから、規定に従い横幅1200px以上に差し替えることでこの警告は解決します。

この方法がベストではありますが、大量の記事を抱えているブログなどでは画像を一つ一つ1200px以上に差し替える必要がありますのでなかなか大変です。
この警告が出たからといって深刻な問題があるわけでは無いため、少しずつ画像を差し替えていくなど対処していけば良いでしょう。

修正後の対応

AMP化の停止や、1200px以上の画像に差し替えたなどの対応が済んだらGoogleに修正した事を伝える必要があります。
修正後の対応についても簡単に説明していきますので参考にしてください。

Searach Consoleで「修正を検証」

修正後の対応は簡単です。
まずはSearach Consoleにアクセスしてください。

https://search.google.com/

Searach Consoleにログインしたら
「AMP > 有効(警告あり) >『推奨サイズより大きい画像を指定してください』」をクリックしてください。
続いて「修正を検証」ボタンが現れますのでクリックしてください。

するとGoogleが修正を完了できているか検証を始めます。
検証後はステータスが保留となり修正が完了していた場合数日で警告がなくなります。

まとめ

突然、警告がくると驚きますよね。
しかし、原因を調べてみると簡単に対処できたりするものです。

特に今回の「推奨サイズより大きい画像を指定してください」はそれほど致命的なエラーではな無いため急いで対処する必要はありません。
じっくり腰を据えて問題を解決していきましょう。

今回の警告に限らずSearach Consoleをまめにチェクしていつでも対応できるようにしておきましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

ウェブマーケティング・SEOコンサルタント 100以上のメディア運営に関わり、担当メディアの売上を半年で5倍に経験を持つ。バナー・LPの作成から、広告の運用、コンテンツの改善等、ウェブメディアの運営に欠かせない業務を全て経験。現場で喜ばれるだけの改善でなく、結果につながるマーケティングを実現します。