【Google広告】インプレッションシェアを確認してキーワードの質を高めよう

ADWORDS

Google広告を運営しているとキーワードがどの程度配信されているか気になりませんか?

そんな時は、インプレッションシェアを使えば広告がどの程度の頻度で配信されているか確認することができます。

それではインプレッションシェアはどのように使えばよいのでしょうか?
使い方を紹介していきますので最後まで読んで頂けましたら幸いです。

まずは、インプレッションをはどのようなものなのか確認していきましょう。

インプレッションシェアとは?

インプレッションシェアは広告の掲載機会に対して、どれくらいの割合で表示できているかを表す指標です。

インプレッションシェアはキーワードごとに確認する事ができます。
ですから、インプレッションシェアを確認することでどの程度の広告が表示されているか確認する事ができます。

インプレッションシェアの計算方法

インプレッションシェアについて理解を深めるに計算方法を確認しておきましょう。
下記の計算式でインプレッションシェアを求めることができます。

インプレッション シェア = 表示回数 / 広告が表示可能だった合計回数
引用元:Google広告ヘルプ

インプレッションシェアの計算式を当てはめ実際に計算してみましょう。

例えば
表示回数:800
表示可能だった合計回数:1000
だった場合
インプレッションシェアは80%となります。

広告が表示可能だった合計回数は設定や品質などの要素を考慮して算出されています。
インプレッションシェアを高めてより沢山のユーザーに広告を配信しましょう。

インプレッションシェアの設定方法

それではインプレッションシェアはどこで見ることができるのでしょうか。
設定方法を確認していきましょう。

表示項目の変更

まずはGoogle広告の管理画面にログインし「キャンペーン > 広告グループ > キーワード」をクリックし、キーワードの一覧を表示します。

AdWordsの管理画面 キーワード

続いて「表示項目 > 表示項目の変更」をクリックし「キーワードの表示項目を変更」画面を表示します。

キーワードの表示項目を変更

AdWordsの管理画面 入札単価シミュレーション

「競合指標」をクリックするとインプレッションシェアに関連する様々な項目が一覧表示されます。

「競合指標」の項目一覧
  • 検索広告のインプレッション シェア
  • 検索広告のトップ インプレッション シェア
  • 検索広告のトップ インプレッション シェア
  • 検索広告のページ最上部インプレッション シェア
  • 検索広告のインプレッション シェア損失率(ランク)
  • 検索広告のトップ インプレッション シェア損失率(ランク)
  • 検索広告のページ最上部インプレッション シェア(ランク)
  • 検索広告の完全一致のインプレッション シェア(IS)
  • クリックシェア

項目はマウスオーバーすることで説明文が表示されるので、必要な項目を選択して表示しましょう。
インプレッションシェアを確認するのであれば「検索広告のインプレッションシェア」を選択すればよいでしょう。

あとは「適用」を押すとキーワードの管理画面にインプレッションシェアが追加されています。

インプレッションシェアの改善方法

それではインプレッションシェアはどうすれば改善する事ができるのでしょうか。
簡単ではありますが、改善方法を紹介していきます。

入札単価の調整

インプレッションシェアの改善には入札単価を高くするのが有効です。
入札単価を引き上げる事で、広告が優先的に配信されるようになり、インプレッションシェアを高める事ができます。

また、掲載順位が上がるため広告のCTRが高まり、品質スコアの改善にも繋がります。

入札単価を引き上げることでCPCが高くなり、より多くの予算が消費されてしまいますが、インプレッションシェアの改善にもつながりますので調整してみましょう。

品質スコアの改善

続いてのインプレッションシェアの改善方法は品質スコアを高める事です。
品質スコアを高める事で、質の高い広告と判断され、より多く配信されるようになります。

品質スコアを高めるには様々な方法がありますが、手軽なのが広告文の改善です。

良い広告文はユーザーの目を引きCTRを高める事ができます。
また、ランディングページとの関連性が高い広告文を作ることで、CVRなどの改善にもつながるので広告文は豆に追加しブラッシュアップしていく事が大切です。

まとめ

インプレッションシェアを確認すれば実際にどの程度の割合で広告が配信されているかがわかります。特に主要キーワードでは確認しておく事が重要になります。

インプレッションシェアを確認して適切なキーワードで広告を配信できているか確かめましょう。

インプレッションシェアを改善する事で、機会損失を減らしより沢山のユーザーに広告を配信する事ができます。
もし売上につながるような重要なキーワードのインプレッションシェアが低い場合は改善する事で売上UPにつながるのではないでしょうか。

インプレッションシェアを確認し適切な手段を取ることで広告の運用結果を改善する事ができます。

ADWORDS

ABOUTこの記事をかいた人

ウェブマーケティング・SEOコンサルタント 100以上のメディア運営に関わり、担当メディアの売上を半年で5倍に経験を持つ。バナー・LPの作成から、広告の運用、コンテンツの改善等、ウェブメディアの運営に欠かせない業務を全て経験。現場で喜ばれるだけの改善でなく、結果につながるマーケティングを実現します。 詳しく知りたい場合はこちら→ポートフォリオ